婦人科 京都 健康スポーツ医。いとう女性クリニック 京都では、腹腔鏡下手術、子宮内膜症・卵巣嚢腫、子宮筋腫、月経不順、ピル・アフターピル処方、更年期障害の診察・診療をいたします。土曜・日曜診療有り。

いとう女性クリニック

京都市中京区三条通高倉東入桝屋町 53-1
Duce mix ビルヂング 3F
TEL 075-212-5662
  • 電話で予約
  • お問合せ

お知らせ一覧を見る

いとう女性クリニックについて

 当院は、30年前に日本で初めて婦人科腹腔鏡手術を行った旧「伊藤病院」の経験と技術を継承した専門性の高いクリニックです。子宮内膜症、子宮筋腫、月経困難症(PMS)、女子アスリートの月経不順、更年期などに対応しています。

下記をご覧ください。


住所

三条高倉の赤煉瓦、京都文化博物館向かいDuce Mixビル 3Fにあります。三条通に面するビル入口が分かりづらいですが、3Fのクリニックに入るとBGMのJAZZが流れる妙に落着く『小さな隠れ家』的な異次空間。「婦人科医院」という恐怖感や違和感を忘れてしまいます。土曜、日曜診療もありますので、お気軽にご利用ください。

診療の特長
当院では旧伊藤病院における腹腔鏡手術1700例/28年の経験から、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などを専門的に診断し、その治療方法や維持方法を患者様の生活(QOL)に沿って一緒に考えてゆきます。腹腔鏡手術相談のほか、不妊症月経困難症(生理痛)、PMS(月経前症状)、ピルアフターピル更年期障害(漢方療法含む)、月経不順などの診察・相談にも応じます。

子宮内膜症(卵巣嚢腫・子宮腺筋症)・子宮筋腫は専門医に
子宮内膜症や子宮筋腫と診断され悩んでおられる方は、経験豊富な当院で是非セカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。他医で「子宮内膜症だよ」といわれた方が実際はそうでない場合や、「何もなく大丈夫だよ」といわれた方に放置できない病変が見つかることがあります。腹腔鏡で実際のお腹の中(子宮や卵巣)を覗いてきた我々の経験を活かしてアドバイスします。

生理痛は我慢しないで
生理の時のひどい身体的状態を月経困難症といいます。また生理前のイライラ、うつ状態、吐き気など様々な身体の症状を月経前症状といいます。これらは独りで辛抱・対応できるものではなく、診断と治療が必要です。我慢せずに受診されることをお勧めします。

◇トップアスリートは主治医(スポーツドクター)を
中学、高校、大学、実業団の選手の月経異常・ドーピング相談などにも、日本医師会認定健康スポーツドクター伊藤將史院長、日本体育協会スポーツドクター藤原睦子医師が対応します。

更年期以降のセックス障害を遠慮せずに相談しよう
晩婚・再婚や還暦婚に伴う夫婦生活の悩み相談も可能です。

関連施設
当院は、京都府立医大病院産婦人科関連施設です。第1、2日赤病院、大阪中央病院、京都市立病院、京都医療センターの登録医です。

 

クリニック紹介の詳細を見る

診療時間

 

午前診

10:30-14:30

×

午後診

16:00-19:00

× × × ×

休診日:月曜、祝日

 

 

診療時間の詳細を見る

受診方法

◇ 電話にて受診の予約をしてください。
電話番号 075-212-5662
電話予約受付時間:AM10:30~PM6:00

◇ 予約の際、現在の症状を簡単に聞かせてください。

◇ 腹腔鏡手術相談は院長の外来を受診してください。

◇ 不妊症相談は主に火曜日(藤原先生)を受診して
ください。

◇ 競技者の方は、所属を簡単に告げてください。

受診方法の詳細を見る